【東京・神奈川・埼玉・千葉エリア】有料老人ホーム紹介センターおすすめ5選をご紹介!老人ホーム・介護施設選びの相談に評判!

【東京・神奈川・埼玉・千葉エリア】老人ホーム紹介業者ランキング!

安心して利用できる老人ホーム・介護施設を!

初めまして、私は関東でケアマネージャーという仕事をしている40代の主婦です。

みなさんは老人ホーム紹介というサービスをご存知でしょうか?

老人ホーム紹介とは、老人ホーム・介護施設・サ高住(サービス付き高齢者向け住宅)等の高齢者向け住宅・施設を、それぞれの利用者のニーズに沿った最適な紹介を行ってくれるサービスの事を指します。

私は元々在宅支援をしていた利用者さんが、施設入居を検討していると言ったことをきっかけに老人ホーム紹介の存在を知りました。

長年お世話になっている方だったので、できる限りいい介護施設を紹介したいなと思い、私のほうでも介護施設や老人ホーム紹介会社について色々と調べていくうちに、有料老人ホーム紹介というサービスを知ることとなったのです。

現在の日本社会では、介護についてかなりの課題が山積みとなっています。

実際に利用を行うご本人様やそのご家族も含め、高齢者向け住宅・施設選びに不安に感じてしまう方は多いかと思います。

「安心して利用できる施設がなかなか見つけられない。」「どうやって施設探しをすれば良いか分からない・・・。」と悩める方のために少しでもお役に立てればと思い、東京・神奈川・埼玉・千葉エリアで高齢者向け住宅・介護施設をお探しの方に、おすすめの老人ホーム紹介サービスのランキングサイトを立ち上げようと考えました。

不安や心配事を減らすお手伝いができたら幸いです。

【東京・神奈川・埼玉・千葉エリア】老人ホーム紹介業者ランキング一覧!

誠実さと窓口の広さ、サービス性の高さでランク1位に

東京、神奈川、埼玉、千葉エリアの老人ホーム紹介業者ランキング、トップ1位に輝いたのは、株式会社S-FITが運営している「有料老人ホームアドバイザー」です。

アットホームなデザインのHPからもうかがえる通り、この業者の相談者に対する対応はとても誠実です。

幅広いエリアに紹介センターを展開し、わかりづらい事柄に関しても不満ひとつ言わず、とても具体的に回答してくれます。

電話対応にあたってもとてもレスポンスが早く、後日質問した内容に関して、見やすくわかりやすい資料を作成して送ってくれたのも好印象でした。

加えて、老人ホーム自体への入居のみならず、引っ越しに伴う所有物の移転や不用品の処分、そして住んでいた住宅の処分といった事柄にも、かなり幅広く対応してくれるのです。

所在地:東京都港区六本木 1-6-1 泉ガーデンタワー 14階

TEL:0120-116-567

営業時間:10:00~19:00 ※土日祝日も対応

アクセス:六本木一丁目駅直結

【相談窓口店舗】

東京エリア・・15店舗

千葉エリア・・1店舗

神奈川エリア・・2店舗

相談窓口の詳しい情報はこちらへ

※相談窓口は予約制となっているようですので足を運ぶ前に電話するようにしましょう。

高齢者向けサービスを多数展開しており実績豊富

2位にランクインしたのは、株式会社エイジプラスが運営している「住まいるケア」です。

本社は大阪となってはいますが、福岡名古屋だけではなく、東京にも支社を持っています。

この住まいるケアに関しての特徴は、老人ホームの紹介事業以外にも、さまざまな高齢者向けサービスを展開しているということです。

高齢者向けの電話による安否確認サービス「きずな電話」や、セコムとタイアップした安全保障システム「きずな生活」など、高齢者のあらゆる悩みに対応するための事業が整備提供されており、多くのユーザーを確保しています。

そういった点を考慮すれば、この住まいるケアを運営しているエイジプラスという会社は、豊富な実績を持っていると言えるでしょう。

所在地:東京都港区芝大門1-3-10 コスモタワービル3階

TEL:0120-605-419

営業時間:10:00~18:00 ※土日祝日も対応

アクセス:大門駅より徒歩3分

【相談窓口店舗】

東京エリア・・1店舗

相談窓口の詳しい情報はこちらへ

※関東エリアの紹介窓口は上記1店舗のみになります。
豊富な歴史と実績を持ち、信頼性は高い

3位にランクインしたのは、株式会社ASFON TRUST NETWORKが運営している「みんかい」です。

このみんかいについては、ひょっとすると「知ってる」「すでに調べた」という方がいらっしゃるかもしれません。

それだけ、老人ホーム紹介業者の中では知名度が高いのです。

この業者に関して特徴として挙げられるのは、やはりその歴史の長さでしょう。

何を隠そう、このみんかいは日本で最初に立ち上げられた有料老人ホーム紹介センターであり、実績は十分と言ってもよいです。

そんな有料老人ホーム紹介センター業者の「長老」的存在であるから、信頼性に関しては下手な新興業者よりもはるかに高いと判断できます。

所在地:神奈川県横浜市港北区新横浜2-11-5 川浅ビル6階

TEL:045-620-8555

営業時間:9:00~19:00 ※土日祝日も対応

アクセス:新横浜駅より徒歩6分

【相談窓口店舗】

東京エリア・・10店舗

千葉エリア・・1店舗

神奈川エリア・・6店舗

埼玉エリア・・1店舗

相談窓口の詳しい情報はこちらへ

大手グループ関連企業であり、サ高住に強み

4位のランクインとなったのは、首都圏を中心に事業展開している「ロイヤル入居相談室」です。

「ロイヤル~」と社名につくことからも分かる通り、この業者は23万件以上の賃貸仲介実績を持つ大手不動産関連事業グループの「ロイヤルハウジンググループ」関連企業です。

ロイヤルハウジンググループは1975年の創業以来実に40年以上もの歴史を持つ不動産関連企業の大手であり、東京神奈川埼玉等の首都圏エリアにおいては、一定の知名度を有しています。

企業としての信頼性も高いため、ロイヤルハウジンググループが提供している他のサービスを利用された方が、続いてこの入居相談室へカウンセリングに訪れるといったことも少なくないようですね。

所在地:神奈川県横浜市西区高島2-18-1 そごう横浜店9階

TEL:045-277-2111

営業時間:10:00~20:00 ※土日祝日も対応

アクセス:横浜駅より徒歩2分

【相談窓口店舗】

東京エリア・・2店舗

神奈川エリア・・2店舗

埼玉エリア・・3店舗

相談窓口の詳しい情報はこちらへ

「有料老人ホームの達人」を謳い、誠意ある対応が魅力

ランキング最後、すなわち5位にランクインしたのは、株式会社シニアホーム相談センターが運営している老人ホーム紹介サービス「シニアホーム相談センター」です。

最近は老人ホームといった言い方をせず、「シニアホーム」と呼ぶ流れができはじめているようですね。

このシニアホーム相談センターが掲げているのは、「有料老人ホームの達人」というモットー。

老人ホーム紹介サービスとして高いクオリティを誇り、高評価を獲得できるようにするため、相談窓口には専門知識を持ったスタッフを割り当て、誠意があってなおかつあらゆる疑問点に応えることができるようなサービスを目指しているようです。

加えて、独自のシミュレーションによる資金計画算出のサポート等も魅力的と言えますね。

所在地:東京都港区赤坂3-4-3赤坂ゲイトウェイビル8階

TEL:0120-65-4246

営業時間:9:00~19:00

アクセス:赤坂見附駅より徒歩4分

ランキングのまとめ


以上、東京・神奈川・埼玉・千葉エリアでオススメの老人ホーム紹介業者のランキングでした。

あくまで私の判断基準ですが、私自身が将来、介護を必要とする年齢になり、施設の利用を検討する際、紹介業者からどんなサポートやケアがあれば嬉しいか、よく考えてランキングづけしてみました。

■1位「有料老人ホームアドバイザー(株式会社S-FIT)」について

今回「有料老人ホームアドバイザー(株式会社S-FIT)」をランキングで1位に選ばせていただいたのは、相談員全員が介護施設での勤務経験があることに注目したからです。

私も普段はケアマネージャーとして働いていますので、介護で苦労するところも、特に大変となる点もよく理解しています。

「相談員全員が介護施設での勤務経験がある」ということは、そうした介護で抱える問題や悩みをよく理解しており、だからこそ親身になって相談に乗ってくれるという良さがあるのです。

対面での相談ももちろんできますから、不明点や不安なところを直接聞いてその場で解決できるので安心です。

とはいえやはり人それぞれ重きを置くところは違いますから、私個人の見解はあくまで参考として是非目を通してみてください。

利用にあたって家族間でしっかりと相談しあうという方もいらっしゃるでしょう。

実際に入居・利用したら紹介会社から聞いていた提案内容と全然違った!なんて残念なことにならないよう、紹介会社選びから慎重にしておきたいですね。

おすすめの老人ホーム紹介業者情報一覧

さて、本サイトではおすすめの老人ホーム紹介業者を比較ランキングにして紹介しましたが、情報を簡潔にまとめて一覧にしてみたので、おさらいしてみましょう。

それぞれ個性があり独自のサービスにも力を入れている会社ばかりなので、特徴などをしっかり把握して存分に検討してみてください。

各紹介業者の詳細情報をもっと知りたい方は、本サイトのそれぞれの詳細ページや公式サイトも是非チェックしてみてくださいね。

イメージ1
2
3
4
5
会社名有料老人ホームアドバイザー(株式会社S-FIT)住まいるケア(株式会社エイジプラス)みんかい(株式会社ASFON TRUST NETWORK)ロイヤル入居相談室(ロイヤルハウジンググループ)シニアホーム相談センター(株式会社シニアホーム相談センター)
会社所在地〒106-6014
東京都港区六本木 1-6-1
泉ガーデンタワー 14階
〒105-0012
東京都港区芝大門1-3-10
コスモタワービル3階
〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜2-11-5
川浅ビル6階
〒220-0011
神奈川県横浜市西区高島2-18-1
(そごう横浜店9階)
〒107-0052
東京都港区赤坂3-4-3
赤坂ゲイトウェイビル8階
問い合わせ専用電話番号0120-116-5670120-605-4190120-57-59500120-87-6186
(新宿相談室)
0120-65-4246
相談料無料無料無料無料有料
特長ホームへの入居の際は引越しや不用品の処分等も提携業者を紹介してくれる。有料老人ホームや、高齢者分譲住宅、グループホームなど高齢者向け施設・住宅等幅広く紹介してくれる。対面での相談を価値としている為、相談室の数が多い。紹介センターが都内だけでなく、神奈川や埼玉にもある独自のシミュレーションソフトを使い、今後の資金計画についてデータを出してくれる
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

私のおすすめを厳選したので、どれも魅力的だと思うのですがいかがでしょうか。

一覧にすると細かい違いなどが見やすくなり、より比較しやすいかと思います。

やはり注目すべきは相談のしやすさや、かかる費用といったところでしょう。

また、業者毎に紹介センターまでのアクセスが便利ないし多少は時間を要するといった違いもあるため、自分の希望や理想にあった施設を選ぶためにも、今回紹介をした業者の中からしっかりと検討していただければと思います。

紹介業者を利用することにメリットはあるのか


そもそも紹介業者を通して施設を選ぶことにメリットがあるのか疑問に思いませんでしたか?

実は私も紹介業者の存在を知ったばかりの頃は、本当に施設選びに紹介業者が必要なのだろうかと思いました。

しかし、色々と調べ始めたときに私の考えは変わりました。

■なぜ紹介業者は必要なの?

意外にも高齢者向けの住まいの種類はとても多く、それぞれ特徴があり、費用もサービスも違います。

今はネットを使って情報を集めることは当たり前の時代ですが、実際パソコンやスマホなど機械に疎く、ネットを使いこなせない高齢者が多いのが現状です。

もちろん、ネットを使って自分で調べることができるよというご高齢の方もいるとは思いますが、情報収集を行うのが難しい方にとって、数多くある施設から自分にあった場所を選ぶことは非常に困難というわけです。

加えて、核家族化が進んだ日本社会において、困ったときに頼れる人がいないという一人暮らしの高齢者が多いのもまた事実です。

実際に、相談相手がおらず、契約内容をよく理解せずに自分一人で決めてしまったことにより後々トラブルになったというケースも多いのです。

一人暮らしの高齢者が施設の入居を検討したとき、トラブルを避けるためにも相談する場所、すなわち紹介業者の手が必要なのです。

老人ホーム紹介業者を選ぶときの注意点



老人ホーム紹介業者は基本、老人ホームを紹介し、入所が成立した際にホームから支払われる「紹介料」で成り立っています。そのため、残念なことに紹介料だけを目当てに開業するいい加減な紹介業者も混在しているのです。

他業種から参入し、老人ホームや介護サービス全般に疎い「素人業者」の存在。中立の立場を偽装して老人ホームが自社紹介目的で運営している「自作自演」ケース。そんな老人ホーム紹介業者を避けるためには、どんなことに注意すればいいでしょうか。
 
■老人ホームのサービス内容などをどこまで把握しているか

紹介する老人ホームのサービス内容などを把握しないまま紹介している老人ホーム紹介業者は自作自演業者か、もしくは紹介料目当ての素人業者の疑いがあります。突っ込んだ内容を質問することで見抜きましょう
 
■紹介する老人ホームに紹介スタッフ自身が訪問しているか

紹介する老人ホームのすべてを訪問し、実際に自身の目で確かめたホームを紹介するのがプロの老人ホーム紹介業者です。「あなたはそこに行ったことがありますか」と質問し言及してみて、口ごもるようならNG業者と判断しましょう
 
■なぜこの老人ホームを紹介するのかが説明できるか

老人ホーム紹介業者たるもの、入居希望相談者それぞれの状況や事情に合わせた老人ホームをセレクトできなければプロではありません。「どうしてここを私に紹介するんですか?」と聞かれてはっきり理由を話せない老人ホーム紹介業者はNG対象です
 
■老人ホームごとの違いを説明できるか

老人ホーム紹介業者であれば、多くの老人ホームに対する知識を有し、それぞれのホームの特色について微細に説明できなければなりません。複数の老人ホームについて質問したとき、答えられないようであれば「信用できる老人ホーム紹介業者ではない」と判断しましょう
 
■老人ホームでの勤務経験のあるスタッフがいるか

ホームや、介護施設などで働いたスタッフがいない老人ホーム紹介業者も頼りになりませんので、その存在の有無も確かめてください
 
■老人ホームの見学に付き添ってもらえるか

「お好きなタイミングで見てきてください」というような無責任な老人ホーム紹介業者はほかの面でも無責任な対応となるでしょう。付き添わない業者は選ばないようにしましょう
 
■相談者にしっかりとヒアリングしてくれるか

施設の種類や予算などについていくら詳しくても、相談者の希望をきちんとヒアリングできていなければ、よい施設とのマッチングは期待できません。ヒアリングがいい加減な紹介業者は信用してはいけません
 
■入居を急かさないか

やたらに入居を急かす、強引に話を進めてしまう紹介業者は紹介料目当てのいい加減な業者である可能性が高いので避けましょう
 
■連絡などの対応がしっかりしているか

連絡関連がいちばん顕著になりますが、約束の時間に連絡してこない、対応が悪い、接客マナーが悪いなど、社会人としての基本的な教育がなされていない老人ホーム紹介業者は論外です
 
■資料送付にきちんと対応できるか

老人ホームの資料送付を頼んでみましょう。1週間経っても届かないなど、レスポンスの遅い業者はあてになりません。
 
■新規のホームをやたらに勧めてこないか

新規のホームには実績がありませんし、内容もわかりません。そのようなホームだけ勧めてくるとしたら「自作自演」紹介業者、つまりその新規ホームの営業部のような業者である可能性が高いでしょう

以上をチェックポイントに、信頼できる紹介業者を選ぶようにしましょう。

有料老人ホームのメリット・デメリット


施設なんてどこも同じと思ってしまいがちですが、上記の通り施設の種類もサービスも全く違います。

では色々と種類のある施設の中でも、紹介業者を利用してまでなぜ理想の有料老人ホームを探そうとする方がいるのか。

そのメリットとデメリットの両方を挙げながら紹介します。

■公営と民間

まず施設は大まかに二つに分けられます。

一つは公的施設、公営と呼ばれるものです。

特別養護老人ホーム(=特老)、養護老人ホームなどがこちらに該当します。

国から特殊な認可を受けた法人が運営しており、補助金をもらって建てられているため、初期費用や月額利用料などの費用が抑えられるメリットがあります。

また、各家庭の生計状況によっては補助が受けられる場合もあり、本当に介護を必要としている方や低所得者の保護と支援を重視して運営しています。

そしてもう一つは、民間施設です。

有料老人ホームはこれに当たります。

国から補助金などの支援を受けていないため、費用面で公営と比較してしまうとやはり全体的に高くなってしまいます

毎月の出費を考えると、入居を決めることを躊躇ってしまうのも頷けます。

確かにこれはデメリットと言えるでしょう。

しかし、そうして長く入居することを考えて特老などの公営施設への申し込みが殺到しているのが現実で、申し込めばすぐに入れるということはほとんどありません。

また、要介護度によって優先順位も変わりますので終身的な介護は期待できないでしょう。

タイミングが合えば、民間施設に決めてしまったほうがすんなり入居できることはざらにあるようです。

有料老人ホームの利点として、他にもこのようなことが挙げられます。

それは「サービスの良さ」です。

職員の人数が多く手厚いサポートを受けることができる、個室が広く快適に自分のスペースが取れるなど様々なサービスを用意されているのが、有料老人ホームの良い点です。

なるだけ健やかに、快適に生活するためにも有料老人ホームのメリットは見逃せないところがありますね。

有料老人ホームは年金だけでも入居できる?


結論から言いますと、年金だけで入居可能な老人ホームはあります

公営と比べて費用がかかるといわれている民間の老人ホームですが、現在年金以外に収入がなく、特に貯金や資産もないという方でも入居はできます

しかし、額にもよりますがその場合選択肢はあまり多くないと考えたほうが良いでしょう。

年金額はそれまでに納めてきた保険料により、給付額が変わってくるので個人差があります。

利用料などの費用を年金で補いたいと考えているなら、まずは自分の年金が毎月どのくらい入るか確認したうえで考えましょう。

■相場はいくら?

一般的に、老人ホームに入る際に必要な初期費用の全国平均額は480万円前後で、月額費用は21.4万円前後と言われています。

つまり、最低でも月に25万円以上の給付がある方なら、老人ホームでも生活できるということになります。

もし万一、「とてもじゃないけど初期費用でそんな大金を一括で払えない!」という場合でも、初期費用を分割し月額利用料に上乗せして少しずつ払う方法を設定していることもあります。

また、初期費用0円で月額10~15万円と相場より格安で利用できる老人ホームもありますので、詳細は紹介業者に相談したり、直接問い合わせてみるのも良いでしょう。

見学で注目しておきたいところ


さて、実際に相談も順調に終わり、いよいよ見学という流れになった場合、どういう点に注目して選べばよいのでしょうか。

当然いくら準備をしていても、入居してすぐは突然の環境の変化に戸惑うこともあるでしょう。

かかる費用だけではなく、できるだけイメージを膨らませて入居後の生活のことも考えておくべきです。

■周辺環境

気分転換に自分で外出することがあれば、近くに買い物ができるようなお店などがあると良いでしょう。

緑が多く、散歩して季節ごとに楽しめる公園があるような環境だと素敵ですね。

また、長年海の近くに住んでいたなら海の見えるような場所を選ぶのも良いでしょう。

高齢者向け住宅に住む以前の環境にできるだけ近づけたほうが、利用者本人が落ち着いて生活を始められます。

■設備

ベッドやエアコン、カーテンなど基本的な設備は整っているものの、家電やたんすなどは自費で用意しなければならない施設が実は多いようです。

特に認知症の方は新しいことを覚えるのが困難なため、新品を買い揃えるよりも以前自宅で使っていたものを持ち込んだほうが賢明です。

■食事

老人ホームの食事は、栄養士が考えぬいて立てた献立をもとに作られています。

味や見た目だけでなく、せっかくの食事ですから、場の雰囲気も大事にしているかどうか、食事風景も見ておきたいポイントです。

できれば試食もさせてもらった方が良いでしょう。

もちろん試食ができるかどうか事前に問い合わせるのも忘れずに!

また、配食サービスを利用している施設もありますから、その場合は個人の好みなどにも柔軟な対応ができるかどうかについても確認した方がよさそうです。

■私物持込

あまり安い施設だと私物持込に関して非常に厳しいところがあります。

ずっと自宅で管理していた仏壇を持ち込みたい、自家用車や自転車といった車両、ペットを連れての入居など、持ち込みたいものも理由も様々・・・。

基本的に施設側が管理に困るようなものの持込は原則禁止になっている場合が多いです。

仏壇くらいなら、自転車くらいなら、と許してくれるかどうかは、聞いてみないと分からないので一度相談してみましょう。

体験入居の必要性


見学も終わったのに入居するかどうか、最終判断で悩んでいるということはありませんか?

ついついネットやパンフレットにはいいイメージばかり書かれているのではないかと心配になってしまいますよね。

それなら、体験入居という手段を取って数日間宿泊し、施設内をじっくり見て回るのもいいかもしれません。

■じっくり検討できる

何日か猶予があれば、そこで働くスタッフや入居者の様子も掴めますし、自分に必要な設備が揃っているか落ち着いて確認することができます。

滞在中に、見学で見落としてしまった点を洗い出し、自分のペースで見て判断材料を増やすことに繋がります。

■入居前に慣れる

どんな方でも環境の変化には少なからずストレスを感じるものです。

特に認知症の方にとって新しい環境というのは大きなストレスになります。

突然施設に預けてしまうよりも、体験入居で少しずつ慣れていった方がスムーズに事が進むでしょう。

入居前に慣れるために体験入居を利用するのも一つの手だと言えます。

ちなみに、体験入居にももちろん費用がかかります。

施設によって入居できる日数や金額は変わりますが、もし希望する場合は確認しておきましょう。

■評判を直に聞くことができる

見学中は時間が限られていてなかなか話しかけられないと思いますが、体験入居の期間中は他の入居者と話すタイミングができる可能性があります。

そのときがチャンスです。

もしかしたら自分が気づかなかったことを入居者が教えてくれるかもしれません。

ちょっとした雑談からでもいいので、情報は集められるだけ集めておきましょう!

入居時のトラブルを回避するために


納得のいくまで検討した末に決めた施設にいざ入居!までいったものの、トラブル発生というのは珍しいケースではありません。

トラブルの一つとして挙げられるのは、高齢者本人が入居を拒否することです。

なかなかつきっきりで介護ができない家族にとって、老人ホームへの入居という選択は積極的に考えるところですが、高齢者本人が入居を嫌がり、拒否することはよくあることなのです。

■入居を拒む理由

理由としては、老人ホームへのイメージが悪い、住環境の変化を嫌がる、家族に捨てられてしまうのではないかという恐怖や不安といったことが挙げられます。

もちろん無理強いすることはできませんから、施設の利用を考えているのであれば丁寧に説明することが必要になってきます。

入居を拒否する理由をよく聞いて、家族と本人の間で納得がいくよう最後まで話を進めていきましょう。

もし、それでも家族の意見を聞こうとしないなど困った状況になってしまったら、第三者に入居を促してもらうのも手です。

第三者を挟んで家族と共に相談しながら、施設への知識や関心を深めていくうちに気が変わることもおおいに有り得ます

入居をスムーズに決めるためにも、なるべく家族だけで決めず、本人の意思・意見を尊重することがこのようなトラブルの回避に繋がります。

まとめ:信頼・安心・納得の生活を送るために・・・。

有料老人ホーム、そして老人ホーム紹介業者について色々と解説していきましたが、いかがでしたでしょうか。

もしかしたらご覧になった方の中には、たまたま本サイトを見かけただけで全く紹介業者の利用を考えていなかったという方もいるかもしれませんね。

しかし、住み慣れた今までの家を離れて老人ホームに入居というのはやはり慣れるまではストレスがかかりますし、実際に入居するとイメージと違ったなんてことがあるのも悲しいですよね。

私自身、仕事を通して様々なケースを見てきましたが、老後にかけられる資金も、介護の必要度も人それぞれ違います。

入居前にイメージと現実の差を少しでも無くし安心して新生活を始めるためにも、まずは是非納得のいくまで相談できる紹介業者から検討してみてください。

 

記事一覧

施設の口コミや評判を参考にして老人ホームを探しているけど、なかなか良いところが見つからない場合、老人ホーム紹介 ・・・[続きを読む]
全国的に老人ホームの数が増えているということもあり、施設へ入居を検討している方も年々増加しています。 ただ、実 ・・・[続きを読む]
余生を過ごす老人ホームは、安心して暮らせる場所といいたいところですが、施設の状態や職員のサービスなどによって差 ・・・[続きを読む]
老人ホームを選ぶときに、料金の相場はどれくらいなのか気になる方が多いと思います。 老人ホームの入居金は、施設に ・・・[続きを読む]
近年の日本は超高齢化に伴って、高齢者向けの老人ホームなどの施設が増えています。 施設ごとに特徴があり、どの施設 ・・・[続きを読む]
長寿国の日本においては、心身機能が低下して在宅での生活が困難になる人も少なくありません。 そんなときに、老人ホ ・・・[続きを読む]
在宅生活が困難になった高齢者にとって、老人ホームは安心して生活を続けていくために必要な役割を担っており、老人ホ ・・・[続きを読む]
ご高齢者の一人暮らしには様々な不安・危険が存在します。 安否確認サービスとは主に「ご家族と離れて暮らしている方 ・・・[続きを読む]
老人ホーム紹介サービスとは、老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅などへの入居を希望する方に、最適な施設を紹介 ・・・[続きを読む]
老人ホーム紹介業者が必要とされる最大の理由は、施設の種類が多すぎて利用者、ご家族が選択しづらいことです。 本来 ・・・[続きを読む]
老人ホームの中には体験入居が出来る施設もあります。 実際に入居してみないとわからない事が知れたり、施設での生活 ・・・[続きを読む]
超高齢社会になり老人ホームの必要性が高まる中、ご自身の身の置き方を悩んでいる方も多いのではないでしょうか。 老 ・・・[続きを読む]
保険や旅行、不動産等にそれぞれの特徴などを説明をしてくれる代理店や仲介会社がありますが、 老人ホームのそれが、 ・・・[続きを読む]
高齢者を抱える家族は、家族での介護に無理が生じてきた場合に老人ホームへの入居も選択肢の一つになってきます。 多 ・・・[続きを読む]