【東京・神奈川・埼玉・千葉エリア】有料老人ホーム紹介センターおすすめ5選をご紹介!老人ホーム・介護施設選びの相談に評判!

老人ホームに入りたいけどお金がない場合は?費用を抑えるポイント

公開日:2019/10/01  最終更新日:2019/10/04


老人ホームを利用する場合、入居一時金や月額利用料、その他医療費や交際費、レクリエーション費用などさまざまなお金が必要となります。入居したいとは思っていてもお金に不安があるという方も多いでしょう。

では、なるべく費用を抑えて老人ホームを利用する・手元にお金がなくとも老人ホームへ入居するためにはどのような点に注目すれば良いのでしょうか。解説していきたいと思います。

相部屋がお得

個室ではなく、相部屋を選択することで費用を抑えることができます。老人ホームでは個室と相部屋から選べるところも存在しますが、一般的に相部屋の方が安い金額設定にされていることがほとんどです。

しかしながら個室と違い、他の入居者の方と一緒に過ごす時間が長くなるので、そのことが本人にとって大きなストレスにならないか、夜中の光や音が気にならないか等々、予め本人に確認するようにしましょう。費用を抑えることは大事ですが本人が快適に過ごせないのでは本末転倒です。

家族でサポート

次に、施設側サポートの一部を家族が代わりに行うことも費用の削減に有効的です。老人ホームで日々生活する上で発生する費用の中には、クリーニングや買い物など、代わりに家族でも対応できるような内容も含まれています。一回一回の金額は小さいですが、都度施設のスタッフにお願いしていては、支払の段階になって「代行費用が思ったよりもかかってしまった。」という事態を迎えてしまう可能性もあります。

入居一時金を節約

入居一時金0円の施設を選ぶというのも1つの方法だと思います。老人ホームに入居する際には一般的に「入居一時金」が発生しますが、ここ数年、入居一時金を0円に設定している施設が数多く出来ています。

入居一時金にも注目

入居一時金の金額にも注目してみましょう。施設によって違いはありますが、一括払いだけではなく、一部を家賃に充当させて入居一時金を低く設定したりと、お客様に合わせた支払い方法を用意している施設も増えています。月々の利用料は高くなりますが、大きな元手を用意せずとも老人ホームへと入居することが可能となります。

入居者に合わせた価格プランを選ぶ

入居一時金は数十万円~数千万円と言われていますので、まとめて一括で支払うのは厳しい方も多いでしょう。しかしながら後々のことを考えると、入居一時金を0円にして月々の利用料が高くなるよりも、入居一時金を払ったほうが最終的に支払う金額は安くなる事があります。

しかし、高齢になると急な体調の変化や寿命もあります。あまり考えたくはありませんが、どの程度の期間施設を利用するかを想定しながら料金プランを選択するとよいでしょう。

老人ホーム紹介業者を利用しよう

費用を抑えて老人ホームに入居するためには、老人ホーム紹介業者を利用することが一番効率的です。上記のような入居する際の料金プランなども実績や統計からお客様にあった提案を受けられるはずです。自分で施設の情報を集めていくのは非常に手間がかかる上、老人ホーム紹介業者は入居にかかる費用が低い施設も紹介してくれるため、気軽に資料請求や相談をしてみてはいかがでしょうか。

 

ここまで費用を抑えるポイント・お金が無くとも老人ホームへと入居するための方法をご紹介してきましたが、お金に関しては日頃からしっかり計画を立てておくことをおすすめします。

老人ホームに入る準備として、お金のことを避けて通ることはできません。万が一払えないからといって利用料を滞納してしまうと最終的には強制的に退去させられてしまう可能性もありますから、何事も早めに動いていくことが大事です。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧