【東京・神奈川・埼玉・千葉エリア】有料老人ホーム紹介センターおすすめ5選をご紹介!老人ホーム・介護施設選びの相談に評判!

最適な老人ホーム見つけたいなら、老人ホーム紹介業者を頼る!介護度や予算に合わせた選び方

公開日:2019/05/21  

老人ホームは非常に種類が多く、予算や入居条件・入居後のライフスタイルなどは千差万別です。

入居者やご家族にとって最適な老人ホームを見つけるためには、入居に費やせる予算や介護度などを考慮した施設探しが重要となります。

どのような基準に基づいた選び方をすればよいかがわからないときには、老人ホーム紹介業者などの専門家のサポートを受けるのがおすすめです。

 

介護度に応じて入居できる施設が限定されることも

以前までは、費用が安く入居一時金なども不要な公的施設と、高額な入居一時金を必要とする民間の老人ホームに二極化されていました。しかし、介護保険法施行に伴い、多数の民間事業者が業界への参入を図り、数多くの老人ホームが全国で展開されるようになりました。そして入居一時金や月額の利用料金なども多彩になり選択肢の幅が広がっています。

一方で特別養護老人ホームは近時の法律改正で、介護度が3以上の重度な状態の方のみを受け入れる形となったため入居可能な方は限られることとなりました。つまり、大多数の方が、自ら民間の老人ホームの中から入居先を見つける必要が生まれたのです。

民間事業者が運営しているので、入居一時金も数百万単位の額が必要となる施設から、数か月分の利用料金の支払いで入居できる施設など、その種類は様々です。(なかには入居一時金0円の施設なども登場しています。)

また、費用の面以外にも、居住スペースの広さや間取り、アメニティ施設などの共用施設の充実度など、入居前に希望条件を洗いだして、条件に見合っているかを確認することも重要です。

 

入居一時金の償還期間や月額利用料の中身の確認を

入居前に確認しておきたいのは、入居一時金の償還期間です。入居一時金には償還期間が設定されているのが一般的ですが、仮に償還期間前に退去することになった場合、定められた計算式に従って計算された金額が払い戻されることになります。

老人ホームに入居したのに関わらず退去することがあるのかと、疑問を感じた方もいらっしゃるでしょう。老人ホームへ入居後、介護度が高くなった場合には施設の退去を求められることも珍しくありません。また、長期にわたる入院などで退去を余儀なくされることも起こりえます。

月額利用料は居住スペースの賃貸料に光熱費や食事、日常生活の世話にかかる費用などから構成されていますが、それぞれが別立てで計算される場合もあります。月額利用料には賃貸料のみ含まれ、光熱費や食費などは別途請求されるシステムとなっている場合、高額な費用の負担に耐えることが出来ず、結果として退去にいたることもありえるわけです。

 

適切な老人ホーム選びに困ったら、老人ホーム紹介業者を利用

一口に老人ホームと言っても、高齢者専用マンションで日常生活のサポートをする程度のものから、身体状態が悪化しても最期の看取りまで対応してくれる施設など、提供するサービスや入居条件もそれぞれの施設毎に大きな違いがあります。

アメニティ施設が充実していて、レストラン並の豪華な食事を提供しているような施設もありますが、要介護状態となった場合、入居条件を欠くことになり別の施設へと移る必要に駆られる施設もあります。

例えば「終の棲家」としての老人ホームを想定するなら、費用面はもちろんですが、入居条件の詳細も把握して、幾つかの候補先の中から最適な施設を選択する必要があります。

しかし、費用の面はもちろんのこと、入居後の生活の質までも視野に入れて、老人ホーム選びをするのは個人の情報収集では限界があるのは確かです。このような場面で活用したいのが老人ホーム紹介業者になります。

老人ホーム紹介業者には各種施設の性格や、施設ごとの得意分野など、豊富な情報を持っているので困ったときに必要な情報を教えてもらったり、サポートを受けることが可能です。

 

老人ホームの種類は多く、それぞれに入居条件があるので、入居者やご家族の意向にあった施設を探すのは大変です。介護保険法施行以来、数多くの事業者が老人ホームに参入しているので、ますます多彩を極めています。

どの老人ホームを選ぶべきか迷ったら、老人ホーム紹介業者を利用することをおすすめします。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧