【東京・神奈川・埼玉・千葉エリア】有料老人ホーム紹介センターおすすめ5選をご紹介!老人ホーム・介護施設選びの相談に評判!

老人ホーム紹介に業者が必要とされる理由

公開日:2019/01/01  最終更新日:2019/01/10

老人ホーム紹介業者が必要とされる最大の理由は、施設の種類が多すぎて利用者、ご家族が選択しづらいことです。

本来であればケアマネージャーや市町村などの自治体が行えば良いのですが、特定の業者への誘導に繋がりかねないためや、人的資源(対応できる人がいない)が不足している等の事情があります。

そのため老人ホーム紹介を手掛けるところが活躍するわけです。

 

色々な老人ホームの種類と近隣の紹介

入居系の施設も色々あり、またその中にはショートステイのように在宅系のサービスでありながら施設へ短期間だけ利用が出来るサービスもあります。

制度そのものも平成12年介護保険法施行以後、種類もまた内容も大きく変化してきているわけで、制度への理解が難しい側面もあってなかなか役所側の論理では動いてないです。

情報収集にたけ、入居者目線を持っている老人ホーム紹介業者であれば、様々な種類の中から最適な施設を紹介してもらえる可能性が高まります。

特定のところへの誘導であったとしても、それが利用者及びその家族が最適だと納得する事が出来ればそこへの入居を考えるはずです。

特定のところばかりを紹介される危険性はありますが、そこは利用者や家族側からも他にもないか聞いてみて下さい。

特定の施設だけではなく似たようなところで利用が出来るところはないかどうかを説明してもらうわけです。

なお地域差がある話で、特定の施設サービスが利用し辛いところがあります。

その場合はある程度の妥協もやむを得ないことはあります。

 

介護に繋がる話であり老人ホームとセットで考えること

老人ホームへの入居は介護サービスとの連携も良く考慮して決めることが大事です。

そのため老人ホーム紹介業者からの話も介護と絡めて話を聞きます。

最近は老人ホーム紹介業者の数も増え、介護の知識が薄い相談員がいたりますので注意が必要です。

その為、あらかじめ将来的に介護が必要になったとき、あるいは現時点で必要な介護サービスが受けられるかどうかをチェックすることが大事です。

紹介を行う業者側もその利用者の状況に応じて最適な事業所を紹介するように対応をするわけですから、入居検討者さんの状況を詳しく聞いてくるはずです。

利用者側も積極的に相談をする事によって最適な答えを得られやすいです。

不明な点は良く聞き出すとともに、現在すでに利用をしているサービスがあればそこも含めて考慮すると良いです。

在宅から施設、老人ホームへの入居を考えるとき、その利用に当たっては今までの状況をよく知っているケアマネージャーとの連携が欠かせません。

紹介する業者側もケアマネージャーと連携をとってくれますので、利用者やその家族はその対応力をよく見極めることが大事になります。

 

不明な点や分からない点はよく聞くことです

入居要件そのものが違うことは多々あり、また入居希望者の病状などによっても変わるものです。

紹介をする側はこうした情報を良く把握しています。

その上で最適な施設や業者に関する情報を提供するわけです。

介護保険制度は複雑で分かりづらく、しかも制度変更がしょっちゅうあります。

利用者やその家族からすると不便な面が多いので、老人ホーム紹介業者の存在は心強いわけです。

自分たちが置かれている状況を把握してくれてその上でよりよいと思えるものを紹介します。

制度面で役所や在宅介護支援センターなどに聞きづらいこともあります。

そうしたときこそ老人ホーム紹介業者に聞いてみる意味が生じます。

分からないことをそのまま放置すると最適なサービスの利用のタイミングを逃しかねませんので、なるべく早めに老人ホーム紹介業者と話し合うことです。

その上で最良と思えるものを選んでいくことで、老人ホームの利用を考えることが出来るわけです。

老人ホームも高額なものから庶民的なもの、要件が違うものなど色々ですから、紹介業者に聞いて確認をすることが求められます。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧