【東京・神奈川・埼玉・千葉エリア】有料老人ホーム紹介センターおすすめ5選をご紹介!老人ホーム・介護施設選びの相談に評判!

医療依存度が高い高齢者でも老人ホームの入所は可能?

公開日:2019/11/01  最終更新日:2019/11/20

老人ホームには施設毎に入居条件がありますが、その条件を満たしているかどうかが気になるところだと思います。医療依存度が高い高齢者であっても入所可能な施設はありますのでその点を加味した老人ホーム選びをしましょう。

どのような医療行為を必要としているのか

前述のとおり、医療依存度が高い高齢者であっても入居可能な老人ホームはありますが、施設毎に対応できる医療行為は異なります。

例えば人工透析や胃ろう、24時間の看護対応が必要になる夜間たん吸引やインスリン注射の回数によっても受け入れ可能な施設は変わってきます。入居検討者の状況と今後の変化も含めて相談してみてください。一般的な老人ホームと比べて数が少ない為、空き部屋がない事も少なくありません。施設を探すのにもそれなりに知識と根気が必要になってきます。

しかしながら近年は施設整備が進んだ事もあり、医療行為が必要な利用者が入所できる施設の数は徐々に増加しているようです。医療行為による制限は当然ありますが、以前に比べ受け入れの体制は整ってきているようです。

入居予定者に適した医療体制とは

老人ホームの中には医療法人が運営している施設もあり、そういった施設は医療行為の必要な方には人気が高いです。医師や看護師が常勤していれば何かあったときでもすぐに対応できる上に24時間看護師常駐の施設であれば夜間の医療行為にも対応してくれるからです。

また、医療依存度が高い方の場合には医療機関との連携も重要になります。病状にあったクリニックが併設され、送迎サービスもある老人ホームを選ぶとより安心して利用することができます。

しかし、実際にどの程度の対応が施設で可能なのかは施設に直接確認するか、老人ホーム紹介業者に相談することをおすすめします。入所条件を満たしているかだけでなく、入居後も安心して生活が出来る体制が整っているのか確認する必要があります。

緊急時の対応ができるか

看護師は様々な医療行為に対応してくれますが、どこまで対応できるかは施設よって異なります。老人ホームの敷地内にクリニックが併設されていれば移動の時間が短くなり直ぐに処置がおこないやすいというメリットがあります。まずは、施設に緊急時の対応方法を確認しておくようにしましょう。

現時点ではそこまで緊急の対応が必要ない状態であっても、万が一に備えておくことは重要です。いつ体調が悪化するのかは予測できませんので、長期的に入所するのであれば先々のことも考えなければなりません。最適な老人ホームがどこであるのか判断が難しいときには、有料老人ホームの紹介を専門で行っている業者もありますので相談してみると良いでしょう。

まとめ

医療依存度が高い高齢者であっても入所可能な老人ホームはありますが、対応できる医療行為は施設ごとに差があります。症状も考えてクリニックが近くにあるか、食事などの調整ができるかなど、入所可能であることだけでなく、実際に住んだ後も最適な対応ができることを確認して選びましょう。




サイト内検索
記事一覧