【東京・神奈川・埼玉・千葉エリア】有料老人ホーム紹介センターおすすめ5選をご紹介!老人ホーム・介護施設選びの相談に評判!

老人ホーム紹介業者に依頼した際に入居するまでの流れを知ろう

公開日:2019/06/15  最終更新日:2019/07/08

全く老人ホームに関する知識がない状態でも、希望に合った入居先を発見しやすいことから老人ホーム紹介業者が人気です。この業者は情報提供のほか、ときには老人ホームとの間に立ち、窓口の役目も果たしてくれます。

それではこの紹介業者を利用した際、どのような手順で入居へと至るのかその流れをご案内します。

 

全ては問い合わせることから始まる

紹介業者を使って希望に叶った老人ホームへ入居する場合、老人ホーム紹介業者へ問い合わせることから全てがスタートします。

電話やメール、もしくは公式サイトの専用フォームなど、問い合わせ方法は各業者で違いますが、自分が一番連絡しやすい方法を選びましょう。初回の連絡では主に面談日時や場所などを決めますが、何か質問などがある場合も問い合わせてみてください。

業者の多くは顔が見える面談を実施しているため、予約当日はスタッフと対面して老人ホームに関する基本情報などを教えてもらうことができます。そのうえで老人ホームに対する希望や不安を相談員に語りつつ、専門家と共に最適な老人ホームを選んでいくのが一般的です。

初回相談から施設へ入居するまでの期間はケースバイケースであり、スピーディーな場合はほんの数日、逆に長ければ1年以上を要するパターンもあると思います。人気の老人ホームは待機期間が長いため、入居先はすぐに決定しても、実際に入れるのは先という場合があるかもしれません。

 

老人ホーム紹介業者の醍醐味はコレ

入居相談では紹介業者が用意している各施設のパンフレットなども使い、利用者の要望をもとに、条件に合致した老人ホームを案内してくれます。パンフレットには情報が分かりやすく書かれているとはいえ、初めての場合はややこしく映るはずです。

そんな場合でも相談員が丁寧に解説してくれるので、各老人ホームの特色などが段々理解できるようになります。これも老人ホーム紹介業者を利用するメリットであり、自分だけでは難航する入居先選びも、プロと一緒だからスムーズに進められる訳です。

相談の結果、数ある老人ホームの中からこれはと思う施設を選びましたら、次は施設の見学へと移行します。その際は施設への見学申込や、移動に要する時間なども含めてスケジュールを立てる必要もあるのですが、この作業が意外に大変です。

ところが、老人ホーム紹介業者ならその作業も引き受けてくれるため、見学も楽にできると思います。具体的には、利用者は見学したい日時などを紹介業者へ伝え、後は業者がそれに沿った見学スケジュールを用意してくれるはずです。

希望すれば見学に同行してくれることも多いので、その場合は見学先でもプロの助言を得ながら老人ホームをチェックできます。

 

契約を交わした後はいよいよ入居となる

見学した老人ホームが気に入り、入居を決断したときは申込契約へと進みますが、慣れなければ手間取ることも少なくありません。ですがその場合でも、老人ホーム紹介業者は大抵しっかりサポートしてくれるのです。

契約書に初見となる専門用語があればそれを説明してくれるのはもちろん、契約スケジュールの日程調整もおこなってくれると思います。さらに、契約する際も立ち合いOKなど、人気の紹介業者は契約手続きのアシストにも余念がありません。

そして、契約手続きなどが済めばいよいよ入居となりますが、老人ホーム紹介業者は入居後の相談にも対応する場合が多いため、入居した後も心強い存在となります。

 

老人ホーム紹介業者を使って入居するときは、おおむねこのような流れになりますが、実際は業者やケースによって違うと思います。例えば見学だけでなく、場合によっては体験宿泊ができることもあるでしょう。

とにかく老人ホームを探す際は便利な業者ですから、入居先選びでお困りのときは相談してみてはいかがでしょうか。もしも見学した施設が気に入らなかった場合でも、紹介業者が施設へ断りの意思を伝えてくれるはずなので、その点も重宝します。

 

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧