【東京・神奈川・埼玉・千葉エリア】有料老人ホーム紹介センターおすすめ5選をご紹介!老人ホーム・介護施設選びの相談に評判!

老人ホームの選び方のポイントも教えてくれる

公開日:2019/02/01  最終更新日:2019/02/15

在宅生活が困難になった高齢者にとって、老人ホームは安心して生活を続けていくために必要な役割を担っており、老人ホームの選び方によってその後の生活が大きく変わります

そのため、老人ホームは慎重に選ぶ必要があるのですが、老人ホーム施設は種類も多く、サポート面も施設によって異なるので、自分一人で利用者に適した施設を選ぶことが難しいのが現状です。

そして、老人ホーム選びが難しいとされるなか、近年需要が高まってきているのが「老人ホーム紹介業者」となります。

老人ホーム紹介業者は、プロの視点から利用者にとって最適な施設がどこなのかを選定するサポートをしてくれます。

各施設の情報を数多く把握しているのはもちろん、どのようなポイントを押さえて施設選びを行って良いのかをアドバイスしてくれるのです。

心身状況に合う特徴を持ったホームを探すこと

親の介護などは元気な間に相談できていれば良いのですが、老化をタブー視する日本においては、なかなか元気な間に本人を交えた話し合いができない家庭も少なくありません。

大病を患ったり、骨折などの怪我をして、急に在宅生活が困難になってしまったという理由で、急遽老人ホームを探す人が少なくないのが現状です。

そんなときに、どのような老人ホームを探していいのかさえ分からない人でも、老人ホーム紹介業者には気軽に相談することができます。

心身の状態や、どのような介護を希望するかによって、選ぶサービスの種類は変わります。

また、同じサービス形態でも運営企業や法人によって、その特徴に大きな違いがあります。

老人ホーム紹介業者は、各施設の情報を的確に案内するだけではなく、相談を行う中で入居者や家族が不安に感じていることや、今後どのような生活を望んでいるのかなどをヒアリングして整理してくれる役割も担ってくれます。

その上で、利用者にとって最適な施設はどこになるのかを一緒に考えてくれるので、とても頼りになります。

また、プロの視点から相談者の状況を理解し公平に案内をしてくれるので、老人ホーム選びをするときは、抱えている問題や不安を老人ホーム紹介業者へ積極的に相談してみることをおすすめします。

支払い能力に応じたホームを選択すること

在宅生活が困難になった高齢者や支えるご家族の方たちが、今後、安心して生活するための場所として、老人ホームを選択するケースが増えています。

終の棲家としてその場所を位置づけて探している人も多く、入居希望者がどの程度の期間を施設で過ごすかは正確には分からない部分もあります。

介護付き有料老人ホームなどは、入居一時金が必要なことが多く、地域による違いはありますが、家賃管理費食費や水光熱費などの実費介護保険の自己負担金額などが毎月利用料として徴収されることになります。

そのため、本人や支援する家族がどれくらい毎月の利用料に支払いができるかを事前にしっかりと見極めて選ぶことが大切です。

老人ホーム紹介業者では、老人ホームの相場や具体的にどのようなお金が必要になるのかも分かりやすく説明してくれます。

料金などお金に関わる内容はデリケートな部分ではありますが、老人ホーム紹介業者は利用者側の立場に立って公平に案内してくれるので、安心して相談しましょう。

ポイントを押さえたホーム見学を行うこと

老人ホーム探しを始める時には、まずはどのようなサービスがあるのか、どのような選び方をすれば良いのかなど、不明な点を老人ホーム紹介業者にしっかりと説明してもらうことが大切です。

その上で、具体的にどの種類の老人ホームを選べば良いのかを家族や親族も含めて相談し、候補先を選んでから具体的にサービス内容や価格などを確認していく流れになります。

そして、施設見学も積極的に行くようにしましょう。

「施設の雰囲気」「入居している方の様子」「スタッフの対応」などがダイレクトに確認できます。

また、利用者が生活する上で必要な居室の間取りや設備、共用スペースの充実度や衛生的な環境が保たれているかどうかなども、施設を見学し、直に確認することが一番です。

施設見学の調整についても、老人ホーム紹介業者は相談にのってくれるだけではなく、どの様な部分のポイントを押さえて見学を行うべきなのかも事前に確認することができるので、施設見学をする場合も老人ホーム紹介業者に相談しましょう。

利用者の方が長く安心して生活できるように、施設選びをする上でやるべきことは積極的に実施するようにしましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧